BABYBOOTH|新生児写真+ママケア+デザイン| そもそも「新生児写真」ってなんなんだ?
新生児写真+ママケア+デザイン。生まれたての赤ちゃんとママのためにできること。BABYBOOTHは、写真家と助産師がペアを組み、生後3週間以内の新生児のお宅を訪問する「出張写真&ケア」のサービスです。出産という一大イベントを頑張ったママやご家族に、赤ちゃんが生まれた喜びを感じてほしい。育児の悩みや疑問を気楽に相談してほしい。そんな思いからスタートしました。生まれたばかりの感動を振り返って思い出せるよう「写真」という形に残してみませんか。
BABYBOOTH, 新生児写真, 新生児フォト, ニューボーンフォト, ベビーフォト, ママケア, デザイン, NEWBORN, PHOTO, BABYPHOTO, BABY, PHOTOGRAPHER,フォトグラファー, 写真家, 助産師, 新生児, 訪問, 出張写真, 写真, ケア,ファーストクラウン, FIRSTCROWN, FIRST CROWN, FIRSTCROWN MAKER'S KIT, サービス, 出産, ママ, 赤ちゃん, 育児, 悩み, 東京, 首都圏, tokyo, 世田谷, 目黒, 品川, 港区, 渋谷, 大田区, 杉並, 中野, 新宿, 千代田, 中央, 江東, 狛江市, 川崎市, 横浜市, 神奈川, 横浜, 埼玉, 千葉, 関西, kansai, 大阪, 兵庫, 神戸, 京都, 奈良, 滋賀, 和歌山, 伊丹
740
single,single-post,postid-740,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-2.4,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
newborn

そもそも「新生児写真」ってなんなんだ?

f-1-1024x683a

BABYBOOTHは「新生児写真と産後のママ&ベビーのケア」を行うということなのだけれど、
「新生児写真」っていったいなんなんだ?という説明をします。

日本では、初めての赤ちゃんの記念写真といえばお宮参り。生まれて一か月前後、ようやく外出ができるようになり、お宮参りの記念に写真館で撮るというのが一般的だと思います。しかし、生まれてからの一か月というのは、本当にびっくりするぐらい表情が変わる時期です。

そんな生まれたての姿を写真に残そうと欧米で始まったのが「NewbornPhoto(新生児フォト)」です。生後2週間以内ぐらいまでの赤ちゃんを、スタジオか自宅で撮影するスタイルが多いようです。ちなみにノルウェーでは(親戚がノルウェーに住んでいるので、ノルウェーネタが多いです)生まれた日に病院にカメラマンが来て撮ってくれるというサービスもあるとか。

生まれてすぐの赤ちゃんの特徴をいくつかあげます。

・胎内にいたころの丸まった姿勢をしている
・ほとんど寝てる
・ほとんど動かない(手足をバタバタさせるぐらい)
・へその緒がついている
・濃い産毛が生えている
・新生児落屑(一皮むける、という表現がぴったりです)があり、皮膚が日焼け跡のようにぽろぽろむける
・手足が細い(1カ月を過ぎると赤ちゃんらしくふくふくとしてくる)
・全体的にしわしわ(身がついていないので皮っぽい)

他にも、ちょっと両生類ぽかったり宇宙人ぽかったり、ガッツ石松っぽかったり。あと、目をなかなかあけてくれない、というのもあります。もちろん全員に当てはまるわけではなく、一人ひとり個性があるのですが、生後2週間ぐらいまではお腹の中にいたときのなごりが残っています。そして、この特徴は1カ月ごろには消えてしまい、どんどん赤ちゃんらしいまんまるな姿になっていきます。

この生まれてからほんのわずかな間に撮れるのが「新生児写真」なのです。
BABYBOOTHは、この貴重な期間に赤ちゃんのプロ「助産師さん」とともにお伺いするサービスです。

(麻衣)