BABYBOOTH|新生児写真+ママケア+デザイン| 助産所のはじまり
新生児写真+ママケア+デザイン。生まれたての赤ちゃんとママのためにできること。BABYBOOTHは、写真家と助産師がペアを組み、生後3週間以内の新生児のお宅を訪問する「出張写真&ケア」のサービスです。出産という一大イベントを頑張ったママやご家族に、赤ちゃんが生まれた喜びを感じてほしい。育児の悩みや疑問を気楽に相談してほしい。そんな思いからスタートしました。生まれたばかりの感動を振り返って思い出せるよう「写真」という形に残してみませんか。
BABYBOOTH, 新生児写真, 新生児フォト, ニューボーンフォト, ベビーフォト, ママケア, デザイン, NEWBORN, PHOTO, BABYPHOTO, BABY, PHOTOGRAPHER,フォトグラファー, 写真家, 助産師, 新生児, 訪問, 出張写真, 写真, ケア,ファーストクラウン, FIRSTCROWN, FIRST CROWN, FIRSTCROWN MAKER'S KIT, サービス, 出産, ママ, 赤ちゃん, 育児, 悩み, 東京, 首都圏, tokyo, 世田谷, 目黒, 品川, 港区, 渋谷, 大田区, 杉並, 中野, 新宿, 千代田, 中央, 江東, 狛江市, 川崎市, 横浜市, 神奈川, 横浜, 埼玉, 千葉, 関西, kansai, 大阪, 兵庫, 神戸, 京都, 奈良, 滋賀, 和歌山, 伊丹
3772
single,single-post,postid-3772,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-2.4,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
shunsuke-s-17

助産所のはじまり

shunsuke-s-17
「助産所」を開こう。
そんな大それたことを思い始めたのは、つとめいた助産所がなくなることが決まったときでした。

今まで、この助産所に来ていた人たちはどうなるんだろう。自分ができることは何?少しずつ片付けられていく助産所を眺めながら、何度も何度も問いかけました。

助産師は、10年経ってもまだ新人、30年経ってやっと半人前、50年でようやく一人前、最後目を閉じるそのときまで生涯現役。というイメージの私にとって、開業とは本当に大きなハードルでした。

けれども、四人の幼い子を抱えて私が選択できる道は限られていました。長時間勤務は無理。夜勤は無理。子どもたちと私、そして家族との時間も大切にしたい。

「助産所をひらく」、それは「助産師」を続けるにはその選択しかなかったのです。けれど、同時に「開業すれば今まで届かなかった所にもケアを運べる。」そんな希望と期待もありました。
私の助産師としての技術は、まだまだ半人前以下。それでも今、自分ができることを少しづつ形にできています。

小山助産所を開いて四年。訪問のみから始まったケアは、今では場所を授かり多くの人にケアを届けられるようになりました。

小山助産所を導いた不思議な縁。その縁が重なりあって今があります。いただいた縁をまたつないでいけるよう精進する身でありたいと願っています。

(千里)