BABYBOOTH|新生児写真+ママケア+デザイン| 安産ってなんだろう
新生児写真+ママケア+デザイン。生まれたての赤ちゃんとママのためにできること。BABYBOOTHは、写真家と助産師がペアを組み、生後3週間以内の新生児のお宅を訪問する「出張写真&ケア」のサービスです。出産という一大イベントを頑張ったママやご家族に、赤ちゃんが生まれた喜びを感じてほしい。育児の悩みや疑問を気楽に相談してほしい。そんな思いからスタートしました。生まれたばかりの感動を振り返って思い出せるよう「写真」という形に残してみませんか。
BABYBOOTH, 新生児写真, 新生児フォト, ニューボーンフォト, ベビーフォト, ママケア, デザイン, NEWBORN, PHOTO, BABYPHOTO, BABY, PHOTOGRAPHER,フォトグラファー, 写真家, 助産師, 新生児, 訪問, 出張写真, 写真, ケア,ファーストクラウン, FIRSTCROWN, FIRST CROWN, FIRSTCROWN MAKER'S KIT, サービス, 出産, ママ, 赤ちゃん, 育児, 悩み, 東京, 首都圏, tokyo, 世田谷, 目黒, 品川, 港区, 渋谷, 大田区, 杉並, 中野, 新宿, 千代田, 中央, 江東, 狛江市, 川崎市, 横浜市, 神奈川, 横浜, 埼玉, 千葉, 関西, kansai, 大阪, 兵庫, 神戸, 京都, 奈良, 滋賀, 和歌山, 伊丹
4168
single,single-post,postid-4168,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-2.4,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.5,vc_responsive
shu-s-32

安産ってなんだろう

shu-s-32

安産とは。自分に問うきっかけがありました。

安全で安心なお産。

それって、どう言うことでしょう。

お産て、そもそもなんでしょう。

自然分娩がお産で、帝王切開は、お産じゃない。そう意識している人が多いことにびっくりします。

帝王切開だっていのちを産むことなのに、どんな「お産でしたか。」と問いかけると「帝王切開だったんです。」と返ってくることがあります。それが、予想しない帝王切開であればなおその想いが強いようです。

確かに、帝王切開の手術時間は瞬く間に過ぎます。

私も帝王切開での出産を経験しています。「はじめます。」との医師の言葉から、腹部にメスをいれて、羊水と血液が吸引される音の後お腹から誕生した我が子は、驚いたように慌ててかすかな産声をあげました。

帝王切開で出産しても、小さくうまれても、早産でうまれても、確かにいのちをはぐくんだ力は、そこに存在します。
その力は、帝王切開と経膣分娩どちらも同じなのだと知ってほしい。

だって、そこにあるいのちは同じなのだから。

ただ、もし経膣分娩と帝王切開で違和感を感じた人がいるなら、その方とゆっくり話をしたいと思います。その違和感のもとはなになのか。

私もよく口にする安産ということば。その言葉の意味は、意外と奥深いものなのかもしれません。

(小山千里)