おうちで助産師に育児相談「オンラインカウンセリング(ZOOMビデオ通話/LINEチャット)」はじめます

新型コロナウィルス(COVID-19)の影響により、外出できずに孤立しがちな母子の心身の健康のため、おうちで助産師に育児相談ができる「助産師オンラインカウンセリング」をはじめることに致しました。

BABYBOOTHの「公式LINEアカウント」からお気軽にご相談いただける無料の簡易相談と、
オンライン通話アプリ「ZOOM」を用いた1対1のオンラインカウンセリングの2つのプランをご用意しております。

対象は、妊娠中から産後・育児中の方で、全国から受けて頂くことが可能です。

 


①【無料】簡易相談(LINE チャット)

LINEチャットで無料でお受けしております。お気軽にお困りごとをご相談くださいませ!

▼公式LINEアカウント
https://lin.ee/rmxporf


友だち追加

 


②助産師オンラインカウンセリング(ZOOM ビデオ通話)

オンライン通話アプリ「ZOOM」を用いた1対1のオンラインカウンセリングを、
料金「2,000円/20分」で下記のご予約専用サイトにて承ります。

ご予約専用サイトはこちら
助産師:小山千里
助産師:辻本有美
助産師:小笠原千恵

 

よくあるご質問

助産師さんって、一体どんなことに答えてくれるのだろう。そう思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
よくあるご質問について、参考例をあげてみました。

 

【妊娠編】

・母親学級がなくなりました。
・出産にそなえて何をすればよいですか
・里帰り出産ができなくなりました。
・妊婦が気をつけるべきことはなんですか
・通勤電車に乗らなくてはいけません。対策はありますか

【新生児編】

・体重が増えているかわからず不安です。
・病院からはミルクの回数を増やすように言われました。母乳育児を希望しています。
・おへそが取れました。消毒はいつまですればよいですか?
・ウンチの色が変わったような気がします。下痢をしたのでしょうか
・肌がカサカサしています。どうしたらよいでしょうか
・とにかくイライラしてしまいます。赤ちゃんの泣き声を聞くたびに不安で仕方ありません。
・頭痛がします。病院受診の目安はありますか。

【育児編】

・出かける場所がなく、家の中でどう過ごせば良いのかわかりません。
・イライラして言葉のわからない赤ちゃんに怒鳴ってしまいます。
・離乳食を始めなければと思うのですが、料理をするのが苦手でストレスです。レトルトを食べさせるのも罪悪感があります。
・おっぱいを飲まなくなりました。どうしたらよいのでしょうか。
・コロナウイルスに対する不安が大きく、ニュースばかり見てしまいます。

【家庭生活編】

・在宅勤務に切り替わり、生活のリズムがすっかりと崩れてしまいました。
・夫との口論が絶えません。子供に悪影響を与えている気がして心が休まりません。
・とにかく何もやる気が起きません。

【おっぱいトラブル編】

・熱が出ておっぱいが赤く腫れています。どうすればよいですか。
・乳首が痛くて授乳がつらいです。
・母乳が出過ぎてつらいです。
・母乳が出なくてつらいです。
・授乳が頻回でつかれてしまいます。

 


 

カウンセリングは、まず話をじっくりと聞くことから始まります。慣れない育児や今の非常事態において精神的にも負荷が大きくなっています。現状の「困り感」はどこから来るのか、それを一つずつ丁寧に紐解いていきます。助産師は正解を与えるのではなく、じっくりと寄り添い話を聞き、自らの力で自信を持って育児を行なっていけるよう支援する伴走者です。

たくさんの情報にアクセスできる今は、時には何を選べば良いのかわからなくなりますが、医療従事者としての専門知識は相談者自身の中にある答えを導き出します。ネット上に溢れる多数の事例より、目の前の我が子に当てはまる育児法について一緒に考えてみませんか。

 

ご予約受付専用サイトはこちら